利便性のある立地

女性

ビデオによるチェック

競技者の高齢化によってゴルフ人口の減少が顕著になっておりますが、インドアのゴルフスクールの生徒の数は増加傾向を示しています。インドアのゴルフスクールは交通の利便なビルの中に設置されているのが一般的になっており、プレイヤーはビデオで自分のスイングがチェックできるようになっています。ゴルフスクールのシステムとしては時間を決めてコース料金を徴収するケースが普通ですが、フリーに時間を選択することが可能なメニューも用意されております。インドアでは当然のことですが、雨や風の影響を受けることがないので、本番でプレイする場合とは条件が大きく異なることは認識しておかなければなりません。インドアのゴルフスクールに入会すると病院と同様に個人別にカルテを作成することから開始されますので、複数ののコーチに教えてもらう場合でも経過の記録が残ることで効率よく指導を受けることが可能です。通常はコーチの前でボールを打った後でビデオを確認しながらフォームを直していくことになります。ゴルフ練習場でフォームを意識しても直すのは難しいのですが、ビデオで確認することによってインドアのゴルフスクールでは納得して自分のフォームを矯正することが可能となります。コーチの指導を受けていない間は自由のボールを打つことが出来ますので、自分の苦手なクラブでたくさんのボールを打つことが可能となっています。決められた時間内で最低2回は指導を受けますので、最初に受けたことが最後までできたかを確認して本番に繋げることが可能となります。